「モーツァルトのオペラのすべて」 平凡社新書 堀内修著

 モーツァルト生誕250年ということで、出版も盛んなようである。この新書は帯びにオペラ全作品を紹介とあったので即入手。
 最近の激安盤等のおかげで音源は全曲そろっているのだが、詳細な解説書がついているわけではないので、内容については”?・・・?”が多かったので非常に助かっている。
 有名な、フィガロ、ドン・ジョヴァンニ、魔笛、コジなどは大体分かっているつもりだったが手短に読めるものがあるのと、無いのでは鑑賞の意味合いが違ってくる。
 初期の作品なども少しずつ聞き込みたい。
昨日も車中で必要箇所をチョットダケ読んでいました。

 それにしても「モーツァルト研究家」って沢山いらしゃるのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック