Seiichiの音楽備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS AOI N饗首席 室内楽

<<   作成日時 : 2007/06/14 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前半
  チャイコフスキーのピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出に」イ短調 op.50
 後半
  メシアン 世の終わりのための四重奏曲

 の2曲。
 どちらも演奏時間55分くらいの長大な曲なので、満腹といった感じで帰宅。

 終演後は、いつもながら野平氏のかわいらしい姿?にうれしくなってしまう。・・・フフフだんだんファンになってきたかな。
 チャイコフスキーの曲は特に好きといったものではないが、独特の熱っぽさと甘さを持った曲の激しい音が聴けた。
 メシアンの曲はバレンボイム他のDG盤(1978Rec)を所有しているが、いつも途中でZZZZ・・・・・といったところであった。
 が、今回実演を聴いて多少はわかったような?
 まあ、むつかしい曲であろう。
 奏者も緊張気味であった。

 16日(土)には無料コンサートもあるそうだ。

 今日の奏者
 横川晴児(クラリネット) ズボンは楽隊ラインかな?
 堀 正文(ヴァイオリン)
 木越 洋(チェロ)
 野平一郎(ピアノ)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AOI N饗首席 室内楽 Seiichiの音楽備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる