サウンド・スケープ Ⅰ

平凡社ライブラリーに、575「世界の調律」サウンド・スケープとはなにか:R・マリー・シェーファー著というものがある。(The Tuning of the Worldの訳である。)
 音環境の研究書の翻訳であるが、私には興味深く感じられた。著者は(1933~)作曲も学んだ人なのだが1965に世界サウンドスケープ・プロジェクトを設立、以来世界中の音環境の研究を行っている人だ。

 音に関して、このような広い範囲の話題が出てくる本はなかなかないように思う。

 私の周辺からも無くなった音というものは多々あるように思う。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント