柿田川 視察

 画像



私の勤務先は、清浄な湧水で有名なせいか見学者が結構多いところなのだが、今日は「熱心な勉強家達」がやってきた。
 本来は水処理施設主体の説明をしなければならないのだが、つい水源の清浄さの方向に話が行きがちになる。
 今見学する人達は殆んどが知らぬ事であるが、かつては製紙工場等が立地し、排水を柿田川に出していた。(昭和40年頃まで)
 そのころかな国道一号線のバイパスが完成し、すぐ脇にある湧水群が一般の眼に触れる様になったわけだ。
 今日の視察時にも、旧水圧鉄管跡、旧排水調整槽(間違い・・・・旧井戸らしい、余水吐きのよう)らしきものを話しておいた。(これらは現物を見ての私の想定なので、詳しい資料があるとよいのだが。・・・・なかなか産業遺産の資料は無いだろうな。)

 柿田川の自然環境に関してのホームページ、ブログ等は種々あるようだ。一見されることを勧めます。見学後の勉強にもなるでしょう。



この記事へのコメント