神の降臨のための三つの小典礼

 以前、”なかなか音盤が無い”などと書いたのだが、マニアックなサイトを見ると結構あるようだ。
 単に、私の見聞が狭かったということである。

 ドイツ・グラムフォンなど大手ソフト会社でも、廉価全集でなければ生き残れないようす。
 で、「メシアン全集」なるものを購入してしまった。・・・・?!我ながら、ついに音楽キ印となってしまったか!?と思ってしまう。・・・・レコード会社の戦略にはまってしまったわけだ。
 今晩、帰宅したらちょうど宅配中。

 32枚組という膨大な全集だが、かつてならばCD3~4枚組オペラ程度の価格だ。

 これだけの枚数なので、まず枚数のみチェック。
 フランス語版の解説書(378ページ)で曲名を見て、30枚目にあった。
 チョン・ミュン-フン指揮、フランス放送フィルハーモニック管弦楽団、フランス放送聖歌隊員、ムルロー(ピアノ)、ハルトマン-クラヴェリエ(オンド・マルティーノ)の演奏陣で、 DG録音、2008年4月、パリ、フランス放送会館、サル・オリヴィエ・メシアンでの録音。・・・ようするに最新録音盤も激安ということである。

 帰宅して、風呂を沸かす間もなく聴いたのだが、まず録音が素晴らしい。打楽器類などスコアどおりに聴こえているのではと思ってしまう。
 無責任でスイマセンが、スコアは勿論持っていません。

 音楽中毒にならぬよう、こんなところで寝ることにしよう。

P.S.すいません、英語に翻訳してありました。・・・・(後半)また、早とちり。
 メシアンのサイトはここ
 http://www.messiaen2008.com/biographie.php
 http://ondes-martenot.info/blog/
 

 

この記事へのコメント