Seiichiの音楽備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 電気研修会

<<   作成日時 : 2008/11/14 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 (財)日本電気技術者協会は、なかなか会員が増えない。
 現在、団体会員は、世の中の動向とともに減少傾向。
 個人会員に関しても、自分で会費を払ってまでという人は少ない。

 電験三種合格者を勧誘しているのだが、入会する人はすくない。
 以前にプログラムを教わった人は、専門外にもかかわらず合格され・・・入会もしてくださったのだが、こんな人は”万に一人”といったところだ。

 自慢話になってしまうが、私の過去勤務地に関しては団体会員に入会してもらったのだが、これも反対者が必ずいて苦慮するものである。

 社会インフラに関しては、何も無くてあたりまえ。何か起こったら・・・くそみそに言われるから辛いところだ。

 今日は、年一回の研修会。国からも現役係長が来て説明、省エネのベテランの話、電気設備測定の専門家などもり沢山な内容。聴かなくては損な研修会だった。
 私も、元仲間(現もか)と語り合えて有意義であった。(帰りのコーヒーショップ)

 そんな中、ミスター一種Su氏の姿を見ないのは少々残念。

☆メシアン全集からは
 今晩は声楽曲「われらの主イエス・キリストの変容」を聴いた。

 うむ、何が変容かというのは曲を詳しくしらないので不明。
 詩は、「聖書」、「ミサ典例文」、トマス・アクィナスの「神学大全」から
 CD2枚、14部、1965〜69作曲 1969リスボン、グルベンキアン音楽祭で初演。
 編成は、10人ずつのSp1,Sp2,Msp,Alt1、Alt2、Ten1、Ten2,Bar,Bs1,Bs2
      Fl,Cl、VC,pf、ヴァイヴラフォーン、マリンバ、シロリンバ、オケ、4群の打楽器

チョン・ミュンフン(c)フランス放送フィルハーモーニーオーケストラと合唱団他ソリストたち
 2001・09 パリ フランス放送会館 サル・オリヴィエ・メシアンでのDG録音

 もちろん処女聴だが、とにかく、すべてに渡って膨大な曲!
 でも、わりあいに聴きやすいと感じた。



 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
電気研修会 Seiichiの音楽備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる