LPプレーヤー

 かつての音源「LP盤」・・・近年は一部雑誌情報でCDより音が良いことになっているよう。
 まあ、まともに再生すればほぼ同じ音楽的感動が得られるはずである。
 最近のラジオ技術には、織間氏や石塚氏が興味深い記事を書かれていて・・・手持ちのLPをまともに再生したかったのだが、思い立って実現させた。(日曜日)
 CD出現直後までは、可能なものはイロイロと細工をしたり(回転シェルを自作など)したのだが、パット置いただけでハウリングも無く以外に良い音響が聴こえてきて少々感動した。・・設置場所が安定したせいかな?
 
画像




 ・激安化したCDを随分入手したように思っていたが、LPでしか待っていない音源は多い!

 今聴いているのは、リパッティのバッハ、モーツァルト・・入手した当時は、随分寝ぼけた音響だと思ったものだ。演奏を聴く力が無かった・・・今でも決してあるわけではないが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年07月14日 21:23
こんにちわ
 黒いレコード盤しか聞けませんが、非接触方式のレコードプレーヤーを衝動買いしてしまいました。
 しかし、CDプレーヤーより埃に敏感なので、今の私の生活環境では チョット管理が大変な事に気づきました。
 古いレコード盤で割れてしまった物でも再生可能で、溝がずれないように接着剤で貼り付けて 貼り付けた接着剤が溝よりはみ出していても、ノイズとして音にならないようにカットされるようです。
 古いレコード盤をゆっくり楽しめるのは、何時の事になりますか?

とても高価な衝動買いでした・・・・あ~ もったいないなぁ!
2010年07月15日 12:43
はじめまして。
私もCDよりレコードを再生する方が多いのですが、
よく言われている>CDよりレコードの方が音が良い<と云うのは
誤りですね(^_-)-☆
高域特性がCDより延びているのでその様に云われる事が多いですが、
人が実際に良い音と感じるのは音の情報量の多い方を良い音と感じる事が
多いようです。
ピアニッシモで演奏されたバイオリンの音などレコードで聴くと、
音を聴いているのだか雑音を聞いているのだか解りません。
相対的な情報量と云う点ではCDの方が格段に有利だと思います♪
>レコードの方が魅力的な音<と云うのなら解るのですが(^_-)-☆
2010年07月17日 23:22
 数日LPを聞いていますが、過去に聴き込んだLPでノイズが気になるし、針飛びしてしまうのもかなりある。そんなわけでレーザーターンテーブルの試聴用CDを申し込んでしまいました。