神田古本まつり

 昨年に続き、東京は神田古本祭りへ行ってきました。 (修正:一昨年でしたトホホ) すごい人出!・・第20回だそうだ。
 何事も20年続けば歴史となってくる。
 画像




 そんなわけではないが、芳賀書店と言う音楽書・楽譜専門店でも「ウィーン音楽文化史」がサービス品となっていたので入手した。(・・・ウィーンへは行ったことが無いのに知識だけつけてどうする?・・・行くしか無いか)

 例によって、あとは”ディスク・ユニオン”、”ささきレコード店”さらに”露店”で音盤を入手。
 音源のWeb化のせいで出物が豊富なように感じた。・・・これから出張時には必見だ!

 高級オーディオ店があったのでチョット覗いてみた。・・・これは自宅で聴きこまないとわからぬ。

 画像





 ・オーボエとオルガンのCD・・EditionClarino EC44 (ドイツのローカル・レーベルか)
                    Hans Elhorst (ob)   Gunther Fetz (Og)
  を聴いているが、ひなびた音色が好ましい音盤だ。
  曲は、マレ、テレマン、C・P・E・バッハなどバロック曲。
   1995/06Rec

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント