市中のスピーカー考

 東京までMFBシステムを聴きにましたが、市中に出回っているSPはまともに聴いたことがない!

 で、近辺のお店へ行き・・・・試聴!
 この手の所は、高級ムードで入るだけ・・・・で気を使ってしまうのだが。

 先日と同じく、自前のソフトで試聴。

 たしかに、素晴らしい解像力だが、「音にエッジがある感がずっと付きまとっている」と感じました。
 生音は輪郭線感がないのが特徴・・・・ボーとした感か。

 最新録音のみ聴いているのならばよいけれども、、過去百数十年間のソフトを何でも聞いてやろうと思う私には不向きですね。

 画像
画像


 こんな具合に、 もっぱら百円ショップ出身の部材で工作している身には・・・高級部品は無縁!
で、商売にならないお店にはゴメンナサイですね・・・・ちなみにチップはいらないそうです。

P.S.B&W製 左右二台で340万円! ラジオ技術’15年12月号と’16年1月号に解説と試聴記が掲載されていました。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント