アリーナ・イブラギモヴァ Vn リサイタル

新譜CDをチェックしているのでは無いので若手演奏家情報には疎いのだが。

 今日の静岡音楽館(AOI)のコンサートは素晴らしかった。

 イブラギモヴァとティルベルギアンのピアノ。

 演目中に大好きなシューベルトの幻想曲ハ長調D.934(op.159)があったので期待していたのだが。

 すさまじい集中力のなかに抒情を含んだ演奏!

 若い両者、楽器の限界まで鳴らしている感。

 (自宅に戻ってから、手持ち音盤を聴いてみると・・・・・オークレール(エラート)が情熱が感じられ好みであった。)

 後半の、クロイツエル・ソナタも熱演。

 私は前半だけで十分堪能しましたよ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント