テーマ:視察

今日も見学 

 今日は、おえらいさんの集まりということだったが、12時ピッタリまで会議は終わらなかった。  それから場内視察ということなので、30分くらい説明したのだった。  まあ、県民の日の子供達を案内するコースと同じなのだが、当方としては先日「水道管理技士」の試験を受検したばかりだから、いろいるとハンドブックの内容が頭に残っている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柿田川 視察

  私の勤務先は、清浄な湧水で有名なせいか見学者が結構多いところなのだが、今日は「熱心な勉強家達」がやってきた。  本来は水処理施設主体の説明をしなければならないのだが、つい水源の清浄さの方向に話が行きがちになる。  今見学する人達は殆んどが知らぬ事であるが、かつては製紙工場等が立地し、排水を柿田川に出していた。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズキ自工 視察

 今日は浜松へ出張。会議終了後、スズキ自工の本社工場を視察したのだが、カメラ・携帯は持ち込み禁止という厳しいお達し。 で・・・映像は無しです。  エンジン組み立て、機械加工ラインを見たのだが、これは確かに改善とノウハウの塊と感じた。各企業の製造の中枢である。  物つくりハンドブックか機材カタログを見ている感!  日本の製造業でもト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガス会社 研修所 視察

 地元のガス会社(Sガス)の研修所を視察した。  建築は、ユニークなもので省エネルギー、省コストとなっている。  内部は、座学と実習が平等に実施できる環境。電気・ガス・水道にとってこのような施設は必須と言える。  ガス管路の耐震性、耐腐食性が気になっていたが、高中圧管は樹脂コーティイグ鋼管+電気防食が実施されていると聴き安心し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都水道研修所 視察

 石原都知事、皇太子等が視察したことを新聞などで知っている人もいるだろうが、昨年10月に開所したばかりの東京都水道局研修所を今日見学できた。  何の分野でも同じだが現場職がへってしまい、キーボード操作が主流になったかに見えるが、実は基本を熟知していないととんでもない間違いのおこる可能性はあるわけだ。  書店でも畑村氏の失敗学の本が目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水道 施設開放

 いささか前、先週21日だが「県民の日」ということで勤務先事業所でも開放を行った。  来場者が増えるよう、鮎を育てておいて”つかみ取りさせよう”という作戦だが、今年は、えさが多すぎたせいか、イササカ生育しすぎの鮎と化してしまった。  動きの鈍い鮎・・・・・・子供でも簡単に捕まえることが出来た。・・・・・・人間、犬、猫等と同様楽しすぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミホ・ミュージアム

 夏休みということで、滋賀県にある「ミホ・ミュージアム」を観てきた。  信楽町内(合併して甲賀市内となっているが)の山林内に設置された、私設(宗教法人)の博物館なのだが、その施設・建築、展示内容共国立並みの博物館と言える。  ・常設展示は南館・・・・世界の中国、インド、中東、エジプト、ギリシアローマ文明の美術品の本物が展示さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気 視察 静岡

 今日の日中は人間ドックを受検したのだが、そのついでと言ってはなんだが、同じ施設内にある特別高圧受電箇所を視察させてもらった。電気主任技術者は、静岡ではこの人を知らない電気屋ではモグリと言ってさしつかえない有名な『ミスター1種Su氏』である。  電力会社の変電所から1kmくらい専用地下送電線で引き込まれている。  今日は一般の人はま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遠州視察(追記) 焼却炉

 遠州地域視察のとき、最後に見学させてもらったB処理場では3月より新型汚泥焼却設備が稼動したばかりであった。  ちょうど点検中であり、優秀な専門員に案内してもらったのだが、排ガス測定設備、出入りする人に対するダイオキシン汚染除去対策の完備がなされるなど、洗練された設計・施工が感じられた。また、耐塩害・防塵対策のため外壁が設置されており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視察 遠州 水道と下水道

 本日は、遠州地域の主要浄水場と下水処理場をまとめて3箇所視察した。・・・我ながら欲張りですねえ。(T浄水場とS処理場とB処理場)  できれば自転車で回りたいところだが、一人ではないのでそれは叶わない。  しかし、自転車で通勤している元気モノがいることがわかり心強かった。   今回特に見たのは、特別高圧受変電設備と汚泥焼却設備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視察 電力需要 事故

 本日は、電力会社の指令所を視察させてもらえたのだが、過去の大事故を忘れないようパネルが掲げてあったのが印象的であった。  昭和62年夏の大停電の説明パネルである。この事故を教訓として同じ事故を発生させない対策がとられ、さらに社員全員がいつでも思い出すようにとのことであった。    このとき、私は大井川方面担当であり夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more