テーマ:AOI

静岡の名手たち 第18回

 今宵もすばらしい演奏の数々・・・大いに楽しませてもらいました。  聴衆はやや少なめ・・・が、かえって会場の響きは極上で演奏に花を添える感。  私の好みは、  ・ハープのソロ曲(トゥルニのソナチネop.30)のハーピスト。   斉藤樹里  ・ プーランク    「ティレアスの乳房」 ”あなたもういやよ!”  &バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オルガン \500 コンサート

 せっかくのAOIオルガンが聴けないのは残念に思っていたところ、久しぶりに聴いてきました。  久しく、頭の中で思っていた通りの明晰な音響!  十年くらい前に真夏に聴いたときには、聴衆が少ないのが残念と思ったが、今回は満席の盛況。  はじめてこのオルガンを聴く人も多い様子。  演奏は、静岡出身のマリア暮林美歌理とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーゲン 河村 チェロ・リサイタル

 ここ半年、落ち着いて音楽鑑賞で出来ない状況でしたが、やっと一息ということで・・・今宵のコンサートに満足しているところです。  AOIシリーズ  クレメンス・ハーゲンと河村尚子の組み合わせ。  ウェーベルン チェとピアノのための2つの小品    あわせて10分の短いものだが、ロマンチックそのものと言った曲。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バシュメット&樫本 モスクワ・ソロイスツ

   予想通り、早々に売り切れのチケット。  ”急用が入らなければ”と案じていたが・・・セーフでした。  10年くらい以前聴い時、すごい奏団と感じたものだったが、私の方も進歩?!したせいか・・・わりとスンナリ聴きました。 なんでもないようでスゴイのは事実。  前半、一気に三曲  ・テレマン ヴィオラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル・アンテルコンタンポラン

 世界的現代異音楽集団の来静ですから、物見高く聴きに(見に)行ってきました。  さすがに遠方からと思われる客筋!が多い  で曲の方は、  前半      「ドビュッシー フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ」(1915)    楽器音が柔らかく溶け合いいい感じであるが、ヴィオラは時として鋭く切れ込む。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト レクイエム

 早くも桜が満開。そんな中をAOIへ出掛けてみました。  平成24年度最終コンサート。  ◎前半の  野平一郎 ”児童合唱とピアノのための「進化論」” 約30分の大曲。  小学生が難しい曲を歌うのにも感心。  日本語で歌われるので、歌詞がわかってよい・・・と思いながら   私は、不覚にも途中で寝てしまいました。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノ伴奏講座 修了コンサート

 このところ、急速に春らしい気候。  我が家の植物達も眠りから覚めた様子。       AOI会員は無料と言うことで行ってみました。      コンサートの性格上、会場はガランとしている。・・・・これは致し方ないですが、チョット残念!  私としては、一流の人たちのコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アディオ・ローマ 柴山 AOI

 そろそろ師走ということで、うっかりすると演奏会を聞きのがすおそれもあり。  今日は、AOI企画コンサート事業で静岡出身の新人の演奏会。  ルネサンスとゴシックの歌曲と、なかなか凝った演奏会だ。  リュートのつのだたかし氏と、清澄なソプラノ柴山晴美の息のあった素晴らしい歌を堪能!  ブラボーと言っていいだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それは、ロシアから始まった  AOI

 ロシア音楽Ⅲ ロシア・アヴァンギャルドとその周辺「それは、ロシアから始まった」と銘打った演奏会。 高尚すぎてか?、客の入りは少ない。(最近のAOIは満席になることがおおいのだが)  音楽監督みずからの、  ・スクリャービン(1872~1915) ピアノ・ソナタ 第9番「黒ミサ」 op.68 (1914作曲)   独自の「神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパン・ギター・カルテット AOI

 名前負けしないだけの実力者ぞろいと言えるだろう。  会場は満員。老若さまざまで、幅広い人気がわかる。ただ、曲のほうはポピュラーとはいい難い。  私も、聴きこんでいる曲は”はかなき人生のスペイン舞曲第1番”と”ボッケリーニのギター五重奏曲の編曲モノ、アンコールの”カルメン間奏曲”くらいだった。  どの曲も、ギターの小音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

趙静 松本和将 AOI

 私は始めて聴く名の演奏家だが、会場はファンらしい人たちでいっぱい。  終演後のサイン会にも早々と列が出来ていた。(私はとなりでコート受け取り待ち)  ☆1曲目は変更。  シュニトケのチェロ・ソナタ第1番というプログラムだったのだが、思うように仕上がらなかったかな?・・・・・珍しい曲が聴けなかったわけだ。  ちなみに、楽譜を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小山実稚恵 ラプソディー・イン・ブルー

 AOIコンサートには珍しいは管弦楽曲の日。    沼尻竜典指揮日本フィルハーモニー交響楽団の安定した演奏で3曲。  前半はアメリカを聴くといったところで、コープランドの「劇場のための音楽」:ストラヴィンスキー風の曲。小編成のオケの色彩感あふれる好演が楽しめた。特にクラリネット、イングリッシュ・ホルンが印象に残った。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI ミニ・コンサート

 奥田恵二氏の講演「アメリカを聴く」のあと  鈴木理恵子(vn)野平一郎(p)のコンビで   コープランド ヴァイオリン・ソナタ(1942-3)      フォスター(ハイフェッツ編) 金髪のジェニー(1854/1939)   ガーシュイン(ハイフェッツ編) 歌劇「ポーギーとベス」より ”そんなことはどうでもよいさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI N饗首席 室内楽

 前半   チャイコフスキーのピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出に」イ短調 op.50  後半   メシアン 世の終わりのための四重奏曲  の2曲。  どちらも演奏時間55分くらいの長大な曲なので、満腹といった感じで帰宅。  終演後は、いつもながら野平氏のかわいらしい姿?にうれしくなってしまう。・・・フフフだんだん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI イタリア歌曲 悲歌

 先日のシャハムはチケットはオケ奏者の友人から別の奏者へ渡ったのだが、演奏を聴かれて大変感激し今日お礼をいただいてしまった。・・・(恐縮です、お礼は半返しにしましょうね)  ブラームスのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏なので私としても行きたかったのだが、誠に残念!  渇を癒すため?、今晩は歌曲の夕べへGO  前半はイタリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウキョウ・モーツァルト・プレヤーズ AOI

 予想以上にすばらしいコンサートであった。(12/15夕)  三鷹芸術文化センターのレジデンツ・オーケストラ。海外でも通用することを目標としているそうだからレベルが高いわけだ。  メンバーの平均年齢は若そうで元気いっぱい。指揮の沼尻氏はNAXOS等でかなり有名だが30代。三鷹の本拠地も700名収容、AOIも約700名収容とほぼ同容積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI アンサンブル・ウィーン・コラージュ

 主にウィーン・フィルの団員で構成されているアンサンブル(現代音楽主体)だそうだ。  9:30までの長い演奏会、最後はいささかつかれた。  曲は  前半  ・シェーンベルク 「クリスマス音楽」 Vn,Vn,Vc,Acc,piano  ・フリードリヒ・ツェルハ 「2つの反射の断片」 Vn,piano  日本初演だそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マタイ・パッション AOI

 AOI:2006シリーズの最後「マタイ受難曲」BWV.244である。  印象度は過去、私の聴いたコンサートではベストに限りなく近い。    演奏者は日本のトップクラスと思われる人達、3時間の長丁場を集中して聴くことができた。  すばらしい劇的なドラマが、最後の合唱まで来ると救われた気分になるのは私だけだろうか?    バッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI特別コンサート 小林 オルガン・リサイタル

 春雨もようの中、街中へ出かけてみる。  S百貨店の閉店セールを覗いてみるが買う意欲はおこらない。    会員特別コンサートの二回目である。客は2階と1階後部に集中して前の方はがら空き状態。  私はオルガン演奏会でも、より直接音が聞こえる前の方が好きだ。あまり楽器を見上げなくてすむ15列目くらいで聴いた。 ・前半   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡交響楽団 AOI

 本日は「静岡の名手たち」と銘打った演奏会を聞いた。  日本の梅雨から真夏にかけては熱帯を感じさせる気候であるので、聞くほうは勝手なもので演奏会という気にはならないのだが、お仕事(プロ)ともなればそんなことは言っておれないのだろう。  内容の方は、蒸し暑い夏に涼風を感じさせるコンサートであった。 1 カール・フィリップ・エマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル・モデルン AOI

 本日はドイツの現代音楽専門オーケストラであるアンサンブル・モデルンの公演。  さあ感想はどうかな?  入場するとすでに舞台にはピアノ、チェレスタ、各種パーカッションなどが並んでいて、いかにも現代音楽の雰囲気。  定時より5分遅れで奏者たちが入場してくるが、若手の達人たちの集団といった感じを受ける。  一曲目は  G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡音楽館(AOI)十周年

 今年の3月に静岡音楽館(AOI)の会員になったので10周年記念の立派なパンフレットが送られて来た。  なんとなくクラシカルの演奏会を敬遠していた私だが、バッハイヤーの最後2000年12月のロ短調ミサ曲から聞きに行ったことになる。(丸5年か)  最初は遠慮がちにすみの席だったが、アチコチの席で聞き込んでいくにつれて会場の様子もわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター五重奏の語らい AOI

 日曜日の昼演奏会。約6割の入りか?  曲目は  Ⅰ ボッケーリーニ ギター五重奏曲 第4番 ニ長調 G.448 「ファンタンゴ」    Vn*2、Gui、Va、VC    私もDGのイエペス、アマデウスSQのCDを聞いていたので知っていた曲。    今回実演を聞いて、非常に愛らしい曲と感じた。終楽章のファンタンゴでチェロが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

N響主席奏者たちによる三重奏 AOI

 5月19日 静岡音楽館AOIコンサートシリーズ2005に行く。場内はほぼ満席。 ・ベートーヴェン ピアノ三重奏曲 第4番 変ロ長調 「俗歌」 op.11 Pf,Cl,Vc ・バルトーク  コントラスト Sz.111 Vl,Cl,Pf (独:Kontraste 英:Contrasts)  3楽章ではヴァイオリン、クラリネットは持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more