テーマ:水道

本願寺水道

 このところ法事が連続。    檀家となっているお寺からも、商売になると思われたせいか真宗大谷派の雑誌が送られてくるようになった。  今日届いた2013年8月号に「本願寺水道」と聴きなれない記事が。  明治時代に琵琶湖疏水の水を防火用水として東本願寺が布設した専用水道だそうです。  一応、水道のプロ?!を自負してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水道が語る古代ローマ繁栄史

  今回の漏水のせいで、昨年購入した本を再読することになった。  中川良隆著「水道が語る古代ローマ繁栄史」鹿島出版会、2009年8月20発行(2,200円)である。   市内の書店には時々立ち寄るのだが、丸善静岡店は品揃えが他の書店と違って興味ふかいものがある。  電電ビルでの仮店舗で、ふと見かけ、パラパラとメクッテみると面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漏水(その2)

 私にも、某ユーザーから電話があったので、説明をしておいたのだが、  断水で管の中に空気が入り、内部の錆こぶ等が剥離し、通水時に濁水の原因となるわけである。  静清工水のユーザー企業は、永年断水の経験など無いので「蛇口から色の付いた水が出ている」とウロタエテいたようだった。  画像は、撤去した割れた管   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漏水

 午後6時からの県内ニュースをみていたら、軒並み漏水のことばかり。  漏水では全国的に有名になってしまいそうだ。  私も、昼ごろから復旧現場へ行っていたのだが、いつもは雄弁なOB諸氏は”あら不思議”・・今日はいない。  見物人は私達の会社関係と、ニュースで見て訪れたものみ高い人たちが主であった。  でチョット画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボリビアからメール

 今日は、人並みにウォーキングなどに出かけていたのだが、夜になってからPCのメール受信ボックスを覗いてみると、今年ボリビアで研修中の友人からメールが入っていた。    首都のラパス市にいるのか思っていたら、低地のサンタ・クルス市でスペイン語研修中とのことである。    メールの接続もなかなか手間が掛かったよう。・・・すいません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和田島浄水場

  富士市方面へ行くバイパスをチェックがてら、ちょいとばかり道草をして和田島浄水場(興津川上流)を眺めてきた。  巨大なトックリ型の配水池と第二東名が屹立し、なかなかの眺めだ。  無人らしく、内部は見ることができなかったが、機会あればみたいところだ。  近辺では唯一の”膜ろ過施設”があるはず。   最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研修会

 午後から研修会と称するものに出かけたのだが、実態は自己宣伝にすぎないもの。(現富士市・旧富士川町方面)  毎年のことなので、こちらは飽き飽きしつつ聴いていたのだが、あまり歪曲がひどいので”それは作り話”とブーイングを入れておいた。・・・・効果はあるんかいな?(スカラ座みたいに厳しい聴衆がいないと進歩はなし!)  聴く方が、毎年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水と水技術 新雑誌

 買い物に街中まで行ったついでに、戸田書店によったところ”「水と水技術」出版はオーム社”という新雑誌が出ていた。  今まで、この分野の雑誌は、日本水道協会誌などプロ用しかなかったので興味深く、思わず手にとってみた。  水道施設管理技士(2級)の問題&回答の解説に関しては、市販資料がなく手探りで受検した覚えがある。  受検に対しての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漏水

 本日は、我が家の漏水修繕工事を行っています。  幸い雨も降らなくてラッキーだった。  いままで、自宅の水道配管を見ることはなかった。(灯台元暗しという・・・・トホホ)  今月からは、勤務時間に余裕が出来たので、こうして立ち会うことが出来た。  長時間かけて探し出したのは分岐チーズの亀裂、原因は、トイレの配管を増設時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新寺谷浄水場

  以前、この浄水場のことを紹介しておいたが、運転を開始したので見学させてもらった。  遠州地域の貴重な水源ということだ。   小河川の水なので、普段はきれいなものだ。    まったくの新品なので、いかにも清冽な感じを受ける画像。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門屋浄水場

 静岡市民なのに、遠方勤務ばかりだったので、市内のもの・ことは以外に見ていない。  昔からの市民の水源である緩速ろ過池を見ようと思ったのだが、運転休止ということで「時すでに遅かりしの巻」となりました。  新型の急速ろ過設備が稼動しているのを視察ということになりました。  場所は、静岡市葵区門屋地先の門屋浄水場。  昭和初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御前崎市

 かつて、勤務したことのある箇所を巡るかたちになっているのだが。  本日は、大井川河口~牧の原市~御前崎市~島田市を回った。新たに市になったところもあるが、空港近くということもあるのか、道路工事中の箇所が多いように感じた。    快晴で富士山もあざやかに見えていたが、撮影し忘れ。  画像は、吉田町にある「水道水源井戸の揚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静清 工業地帯

 何年ぶりになるのだろう。  ・・・・数年ぶりなことは確かである。  今日は、旧静岡市と旧清水市の工業地帯に用水を供給している施設を一巡した。  水源は、静岡市の主力水源と隣り合った場所である。ここだけ見るならば、かつてと変わらないように思えるが、国内の産業は大きくシフトしている。  機械・電気・食品系のメーカーは相変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A浄水場 土曜勤務

  今年は夏季通院したので、ずっとに土曜日に代替出勤しているのだが、昨日はOBのOTK氏が来所。  披露宴の帰りということだったが、いろいろと話たいらしくモッパラ聞き役となった。    (富士宮のお饅頭をありがとうございました)   今、勤務されている人は読書が趣味と言うことで、いろいろな分野へ話題が飛ぶので、つい話が発展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新浄水場 磐田市寺谷

 昨日は、浜松市や磐田市まで足を伸ばして売り込み?にいってきたのだが、やや、押し売りぎみになってしまった・・・と、若干ながら反省しているtころである。  新浄水場は旧磐田市も北のはずれに近い銚子塚古墳のそばである。  昭和54年に旧浄水場ができたときから、6年間勤務したのだが、当時は全くの田舎!・・茶畑のど真ん中であった。当時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柿田川 漏水考Ⅱ

 全国版のニュースにもなってしまった漏水事故、私の元職場を言うこともあって興味を持ってみていた。  当面の仕事があり現地を見ていないが、後日行かなくては!  担当職員は3日くらい寝ず・・・・・と、いったところだったのでは。どちらにしても大変お疲れ様でした。  企業局公式コメントにあるように維持管理を再考することが必要と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漏水 柿田川

 先々日(28日18時頃とのこと)に漏水発生から48時間以上が経過している。  今日は新聞・TV・Webに記事がある。  ◎管の修繕後の通水は夜間におこなうのかな?一抹の不安がある。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三島 中央水道跡

 昨晩のことだが、繁華街の横丁にかつての水源を発見。石畳などで周辺が整備されていてこぎれいになっている。町中のどこにでも湧き水があったころの名残だ。  送別会帰り、そぞろ歩きの恋しい季節に似つかわしい情景である。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も見学 

 今日は、おえらいさんの集まりということだったが、12時ピッタリまで会議は終わらなかった。  それから場内視察ということなので、30分くらい説明したのだった。  まあ、県民の日の子供達を案内するコースと同じなのだが、当方としては先日「水道管理技士」の試験を受検したばかりだから、いろいるとハンドブックの内容が頭に残っている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水道施設管理技士 名古屋

  今日は、歳にもめげず試験に行ってきました。   時アタカモ、センター試験と同じ日だーー!   行きは電車で金山まで行ったのだが、早すぎ・・・まあ余裕で良いということに’,  試験は解答が済み次第早めに退出して、帰りは徒歩。   名古屋市には時々いくのだが、毎回変化がある。今回も駅前に異形ビル(上に登ったら怖そう)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田川ダム

 本日は新水道水源となる大田川ダム建設現場を見学。高さ70m:さすがに巨大だ。    ・貯水池の名称は公募するそうです。  P.S.感想:新規取水の必要性はともかく構造物は巨大だ。    世の中が進歩(?)したためか、全体的に技術が細かいところまで考えるようになってきており、貯水池になる箇所の木のリグニン分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜水道展

 下水道展はかなりの回数いっているが、水道展は遠隔地での開催が多く今日始めて見る事ができた。  すぐ脇の会場では図書館展も開催されていたのでチョット覗いてみた。こちらも指定管理者制度が話題となっている業界だ。著作権などのパンフをもらった。  横浜みなとみらい展示場は快晴の日和、会議場の方には夜空をイメージした大きなステンドグラスがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風9号 三島

 昨晩は、台風の接近でズット監視していたのだが、今日の新聞を見ると大場川が暴れていたようだ。今日の昼に自転車で上流を見に行ったのだが、護岸のくずれたところまではいかなかった。しかし、多量なごみと土が堤防などに堆積していたので、すごい出水であることは分かっていた。  今回の台風は、風雨の時間が長いなと感じていたが、ごく近場で避難勧告の出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防災訓練

 今日は、土曜日にもかかわらず防災訓練に出勤した。  想定被害訓練を行ったのだが、まったく現場に疎い人が担当の箇所もあり、頓珍漢な対策を2年続けてやっていたようだ。  一昨日は、議論を呼んでいる大田川系新寺谷浄水場の視察に行ったのだが、維持管理体制の確立は若干お寒いものを感じた。  私の方は、以前から給水施設・機材庫の方面を整備し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶縁診断

 今日は、30年以上に渡って水を送っているポンプ用高圧電動機の絶縁診断であった。いつかは取り換えなければならないのだが、その時点をいつにするのか、又劣化具合を判定するためにも必要である。人間の定期ドックと同じ考えである。  私は馴れているのだが、始めて見る人は「すごいことをやるんですね!」と感心されいた。まあ、専門が違えばやる事が違う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼津 電気製造メーカ 視察 

 大手電気製造メーカーの沼津事業所を視察した。このような業界でも国際化、統合化が進行しているが、なかなか製造現場を実際に見る機会は少ない。  大型変圧器~スイッチ類~配電盤~制御コンピュータ~今話題の電気二重層コンデンサまでザット見学したのだが、約2時間かかり予定時間を30分ばかり超過してしまった。(特別熱心に見たわけではないのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛知用水 尾張東部浄水場

 愛知用水のことは昔社会科で習ったように思うが、はっきりとは覚えていない。  愛知用水の調整池、「愛知池」とそこから取水する「尾張東部浄水場」を見学した。隣県なのにいままでゼンゼン知らなかった。  昨年の愛知万博はここから給水していたそうである。・・・・ようするに私も飲んだりしたわけだな。  浄水場な平成6年に出来た新鋭?浄水場。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都水道研修所 視察

 石原都知事、皇太子等が視察したことを新聞などで知っている人もいるだろうが、昨年10月に開所したばかりの東京都水道局研修所を今日見学できた。  何の分野でも同じだが現場職がへってしまい、キーボード操作が主流になったかに見えるが、実は基本を熟知していないととんでもない間違いのおこる可能性はあるわけだ。  書店でも畑村氏の失敗学の本が目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落雷 停電

 前から知ってはいたのだが、8月22日にFu浄水場では停電しプラントの停止があったようだ。そのときチョット電話などしたらホンの練習程度と言う話(・・・ベテランによる)だったのだが、今日別の担当者(New人)からの話によるとタイヘンだったということだ。  ちょっとしたプラントの運転でも計画的、組織的に確立したものがないと全く継承がなされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水を贈る

 今日の静岡新聞夕刊によると、呉市方面にペット缶入り水道水を贈ったそうだが、どうせなら給水タンクにいれてトラックで持って行ったらなどと考えてしまう。・・・ついでに水に困っている現場と復旧作業を見る研修出張だ!。  ペットボトル3,000本と言っても量はわずかである。  3,000本×0.2L=600L  宣伝効果のみと言われてもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more