テーマ:メシアン

世の終わりのための四重奏曲

 スーパーで購入したバラがやっと咲きました。   昨年、"新しいものに挑戦してみよう"・・・・・・と考え。  廉価な苗で練習しだしたた私です。  冬場でもう一つの鉢のものは枯れてしまいました。  残ったものも、春先頃には葉が全部おちてしまい・・・・・やはりダメかな。と言った状態でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気研修会

 (財)日本電気技術者協会は、なかなか会員が増えない。  現在、団体会員は、世の中の動向とともに減少傾向。  個人会員に関しても、自分で会費を払ってまでという人は少ない。  電験三種合格者を勧誘しているのだが、入会する人はすくない。  以前にプログラムを教わった人は、専門外にもかかわらず合格され・・・入会もしてくださったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリストの昇天

 ?着々?と聴いている、DGメシアン全集。  体力も必要なため、残業は少なめに・・・・(鬼所長に聴こえないように注意・・・・・・この種のブログを見るとは思えないから安心だが)  今晩は、9月15日にギロック氏の実演を聴いた曲だ。  「キリストの昇天」(1934)と「聖霊降誕祭のミサ」(1949)  他に、前奏曲(1930…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メシアン 聖三位一体の神秘への瞑想

 静岡市中心街は大道芸で賑わっていたが、私は朝食用のパンを買いに駅付近まで。  松坂屋で古本市をやっていて、期待もせずに入ったところ「音楽の手帳」バロック音楽(青土社1981年12月発行)があったので入手。   大正期のレコード関連本や野村光一氏の著書もあったが、さすがに食指が動かなかった。  大田黒元男の「洋楽夜話」昭和22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天上の宴

 今晩も聴きました。  DGメシアン全集から、「天上の宴」1928作曲  今日は、天上ならぬ富士が印象的だったのでチョット画像を。  「聖サクラメントのいけにえ」(1930作曲)  「栄光の御体」(1939作曲)   (復活したる者の生の7つの短い幻影)   1.栄光の御体の透明さ   2.恵みの水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖体秘蹟の書

 今日、聴いたメシアン全集はこれ。  とにかく全曲(全枚か?)聴かなくてはメシアン大先生に申し訳ない。(このような廉価にしてくれたDGにも同様)  で、どんな曲かというと。とにかく長大な大曲、全18曲のうち、今日はCD13枚目を聴いたのだが途中から12曲のみ、ということになってしまった。・・・・・これで約72分    解説は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランガリラ・シンフォニー

 本日は、もろに営業マンをやってしまった。  ヤクザのケンカではないが、まあ、二対一の「!?対決?!」だから優勢勝ちとなるのは当たり前。  でも、面白くなってくるのは事実である。  結果が伴っているわけではないから、大きなことはこれまで。  さて、メシアン全集の方は、有名なトランガリラ・シンフォニー!に挑戦。  題名が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A浄水場 土曜勤務

  今年は夏季通院したので、ずっとに土曜日に代替出勤しているのだが、昨日はOBのOTK氏が来所。  披露宴の帰りということだったが、いろいろと話たいらしくモッパラ聞き役となった。    (富士宮のお饅頭をありがとうございました)   今、勤務されている人は読書が趣味と言うことで、いろいろな分野へ話題が飛ぶので、つい話が発展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の降臨のための三つの小典礼

 以前、”なかなか音盤が無い”などと書いたのだが、マニアックなサイトを見ると結構あるようだ。  単に、私の見聞が狭かったということである。  ドイツ・グラムフォンなど大手ソフト会社でも、廉価全集でなければ生き残れないようす。  で、「メシアン全集」なるものを購入してしまった。・・・・?!我ながら、ついに音楽キ印となってしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミューザ川崎 メシアン オルガン曲 ギロック 

 武蔵野市国際オルガンコンクールの審査員で、来日中のジョン・ギロック氏の演奏会。  メシアンのオルガン作品全曲を弾くそうだが、今日のミューザ川崎での公演を聴けば充分堪能できた。  近年のCD激安化の恩恵で一応全集を所持していて、今日の曲も一度は耳にしているので、それほどビックリしなかったが、録音でも最初は驚愕した次第。 メシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かなたの閃光

 今年はメシアン100年だそうで。公演もかなりあるよう。  20世紀の大作曲家ということであるが、聴いていて楽しい・・・のとはチョット違うが、だんだんと馴染みになっていく不思議な曲たち。  昨日はマタマタ中古盤を購入しカーステレオで再生しながら帰宅していたら、どうもケース表示と違う盤・・・・と思っていたら(ずいぶんノンビリした話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メシアン 神の降臨のための3つの小典礼

 LP時代に偶然購入して魅せられてしまった曲である。これが、不思議とCDはなかったのだった。  (オンドマルティーノと言う古典的電子楽器の音響にはまった面もあるが)  偶然HMVのCD検索を行ったら新録音を発見?、廉価でもあったのですぐに発注。  今夕到着した。  早速聴いてみると。さすがにデジタル録音、DFレンジとも広く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI N饗首席 室内楽

 前半   チャイコフスキーのピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出に」イ短調 op.50  後半   メシアン 世の終わりのための四重奏曲  の2曲。  どちらも演奏時間55分くらいの長大な曲なので、満腹といった感じで帰宅。  終演後は、いつもながら野平氏のかわいらしい姿?にうれしくなってしまう。・・・フフフだんだん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翡翠(カワセミ) 残念はずれ

 今日も、飽きずに柿田川へ行きカワセミを待ったが・・・・はずれ。  見たのは、ウ、カモ、その他であった。・・・私が、機械(これがもろ籠型)の中へ入っている間にカワセミはきたそうだ。ああ、運が悪い日。  ただし、どこかにとまってくれないと通常のカメラでは追いきれない。   このデッキ、カワセミもお気に入りとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メシアン

 先日鳥を見たところで、メシアンの鳥関連の曲を聴いたのだがピンとこないなどと書いたが以前から一番印象にのこっている曲はこれ。  「神の現存の3つの小典礼」 1944作曲 1945初演時はなかなかスキャンダラスだったとのこと。  1.内面の語らいのアンティフォナ  2.御言葉のセクエンツァと聖なるカンティクム  3.愛のよるキリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more