テーマ:コンサート

アリーナ・イブラギモヴァ Vn リサイタル

新譜CDをチェックしているのでは無いので若手演奏家情報には疎いのだが。  今日の静岡音楽館(AOI)のコンサートは素晴らしかった。  イブラギモヴァとティルベルギアンのピアノ。  演目中に大好きなシューベルトの幻想曲ハ長調D.934(op.159)があったので期待していたのだが。  すさまじい集中力のなかに抒情を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI 第11期ピアニスト講座終了コンサート

 静岡音楽館AOI で受講している人たちのコンサート。  AOI会員無料は無料(近年は毎年)なのでありがたく拝聴してきました。  受講者はこれからのクラシック界をしょっていく人たちでしょう。  伴奏者はさておき、川本さんのヴィオラには驚嘆しましたよ!  曲は、ブラームス チェロ・ソナタ 第1番 ホ短調 op.38 の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福田進一 バッハ

 バッハの無伴奏チェロ組曲のギター版コンサート。  楽器の特性により移調されているせいか、曲がかわいらしいものと感じられた。  その代りと言ってはなんだが、重厚な感じは無いように感じました。  手持ちのディスクにもいろいろな楽器版があります。(すべて中古等廉価なもの)  ヴィオラ、リコーダー、サックス、コントラバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静響エッセンシャル・モーツァルト・シリーズ

 在静岡のオーケストラ、静岡交響楽団のコンサートを鑑賞してきました。  モーツァルト・シリーズは第4回となっている。  いままではこのオーケストラを無視していた私だったが、昨年末の第九公演からは合唱に参加し、身近なものとなってきつつある。  今日の、演目は  歌劇「後宮からの逃走」序曲 K.384・・・トルコ式軍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マタイ受難曲 BCJ

 マタイ受難曲は、過去何回か聞いているます、有名なバッハ・コレギウム・ジャパンの静岡公演ということで、いそいそと出かけました。   場所は、東静岡駅前のグランシップ。  この日のために、数か月前から輪行時(自転車です)にはデジタル・ミュージック・プレイヤーで聞いていました。  おかげで、どこを聞いても”マタイ”だわかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤村実穂子リサイタル

 NHK新春オペラでもすばらしい歌唱を聞きました。(トリスタンとイゾルデ)  今宵は、歌曲リサイタル。  前半はリヒアルト・シュトラウス  ・薔薇のリボン op.36-1   ・白いジャスミン op.31-3  ・高鳴る胸 op.29-2  ・愛を抱きて op.32-1  ・愛する人よ、別れねばならない op.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近行ったコンサート

 ・松谷卓 静岡出身のピアノニスト      私は知らなかったが、高2の時静岡音楽館AOI第一回「静岡の名手たち」オーディションに合格。   現在はTVのバック音楽などで活躍中とのこと。   プロコフィエフ の 第7番ピアノ・ソナタ (第三楽章のみ) を聞けたのが収穫。・・途中からやりなおしもあったりて・・・。  ・戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京混声合唱団のコンサート

 1月3日のニューイヤー・オペラ・コンサートに出ていたはず、見覚えのある合唱団。  ・武満徹 混声合唱のための「うた」(1979-92)より       島へ    〇と△の歌    明日ハ晴レカナ、曇リカナ    小さな空   ☆この曲は静大混声合唱団も共演。  ・柴田南雄  「追分節考」シアターピースNo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村紘子 リサイタル

   著名なピアニストだが、私は生で聞いたことはありませんでした。  今回、AOIコンサートということで行ってきました。  曲目はよく知られているものばかり。  中村紘子氏はおしゃべりが大好きなよう。  演奏前30分くらい前座のお話には、びっくりしました。  ・バッハ/ブゾーニ編の「シャコンヌ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチアナ・ヴァシリエヴァ 

 初めて第九の合唱に参加したせいか?、はたまた音楽的に疲れがたっまたのか?、年末から正月にかけてブログを休止状態にしてしまいました。  11~12月にかけては練習にために、ベートーヴェンの第九から第四楽章は新旧いろいろと聴きこんでいました。  集中して聞くと、各音盤ごとの違いがだんだんとわかってきて興味がさらに湧いてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜田理恵リサイタル

 フランスで活用中の人。  でも、CD等はあまり出回っていないので知りませんでした。  前半は古典歌曲より  ・アレッサンドロ・スカルラッティ 「すみれ」 「もしフロリントが誠実ならば」 「ガンジス川に陽が昇り」  ・カッチーニ 「アマリッリ」  ・パイジェッロ 「まはや私の心に感じない」  ・ハイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル・ウィーン・ベルリン

 一流の演奏家の楽しいコンサートでした。  演奏者も楽しんでいる様子!  演目は  ・モーツァルト歌劇「コシ・ファン・トッテ」K.588よりの管楽曲。(シェーファー編)  ・タファネル 五重奏曲 作曲家も知りませんでした。     ・モーツァルト 管楽五重奏曲 ハ短調 (K.388、 406) (1782/178…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田博美 

四季のコンサート 秋の部 帰宅して室内に入ると外より温度が高め・・・徐々に秋の気配が。  今宵のコンサートは、ディスクも沢山出ている岡田博美。チケット代千円はありがたい。  前半  ・ショパン 前奏曲 嬰ハ短調 op.45  ・ショパン バラード 第3番 変イ長調 op.47   二曲を続けて演奏 ・・・ この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オルガン \500 コンサート

 せっかくのAOIオルガンが聴けないのは残念に思っていたところ、久しぶりに聴いてきました。  久しく、頭の中で思っていた通りの明晰な音響!  十年くらい前に真夏に聴いたときには、聴衆が少ないのが残念と思ったが、今回は満席の盛況。  はじめてこのオルガンを聴く人も多い様子。  演奏は、静岡出身のマリア暮林美歌理とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレギウム・ムジクム静岡 定期

 先週に続いて、アマオケの定期演奏会に行ってきました。  十何年間あちこちのアマオケ聴きに行っていますが、徐々にレベルが上がっていく様子が聴き取れますね。  今日は一段と内容の充実したものと感じました。  会場はお馴染みのAOIホール。  さて前半は、   ・ブラームスの「交響曲 第4番 ホ短調 op.98…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャメロン カーペンター オルガン リサイタル

 このところ音楽鑑賞も満足に出来ない日々だったが、久しぶりに見たNHKEテレのオルガンの妙技にはビックリさせられました。  バッハ 無伴奏チェロ組曲 第1番 BWV.1001 プレリュード            バッハもこうだったのかな?等と思わせる豪快な足鍵盤。  リスト ラ・カンパネラ             …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル・アンテルコンタンポラン

 世界的現代異音楽集団の来静ですから、物見高く聴きに(見に)行ってきました。  さすがに遠方からと思われる客筋!が多い  で曲の方は、  前半      「ドビュッシー フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ」(1915)    楽器音が柔らかく溶け合いいい感じであるが、ヴィオラは時として鋭く切れ込む。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴムツィアコフ バッハ無伴奏チェロ組曲

 四季のコンサート 静岡2013”春”へ行ってきました。  先週SACDコンサートでは20kHz以上の音には癒し効果があるとのことでしたが、実演で大量に浴びることができました。  今のところ、私の耳には20KHz以上云々は??ですが。  奏者はパヴェル・ゴムツィアコフ・・・ロシアのチェリスト。  バッハの無伴奏チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志太室内楽団

 昨年の12月9日に「展覧会の絵」の快演を聴いた焼津市民文化会館小ホールへ、再度出かけてきました。  数日前に、ファゴット奏者のMo氏からの情報により行く気になりました。  志太室内楽団  指揮 田中厚志  ピアノ 平井陽子    ・モーツァルト 交響曲 第14番イ長調 K.114  あまり聴くことのない曲。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SACDコンサート 浜松

 友人に誘われて浜松までSACDコンサートに遠征してきました。  場所は閑静な佐鳴台の豪邸!・・・浜松フィルの事務局のある建物。  螺旋階段を昇ってリスニング・ルームに入る。  本格的マルチチャネルのホーンシステム。・・・・・ん、どこかで見たような装置と思ったら・・・芸能山城組を主催していた大橋氏の推薦システムを構築し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト レクイエム

 早くも桜が満開。そんな中をAOIへ出掛けてみました。  平成24年度最終コンサート。  ◎前半の  野平一郎 ”児童合唱とピアノのための「進化論」” 約30分の大曲。  小学生が難しい曲を歌うのにも感心。  日本語で歌われるので、歌詞がわかってよい・・・と思いながら   私は、不覚にも途中で寝てしまいました。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノ伴奏講座 修了コンサート

 このところ、急速に春らしい気候。  我が家の植物達も眠りから覚めた様子。       AOI会員は無料と言うことで行ってみました。      コンサートの性格上、会場はガランとしている。・・・・これは致し方ないですが、チョット残念!  私としては、一流の人たちのコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマオケコンサート マリナート

 マリナートの本番コンサートに行ってきました。  アマチュア・オーケストラ大会。  もらったパンフを見ると、随分な歴史があるよう。  ☆1部はジュニア・オケで(100人くらいの大編成)   ・ベートーヴェン レオノーレ序曲第3番op.72    拡大編成での演奏。    なかなかの迫力。将来有望と言ったところ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリナート試演ミニコンサート

  清水文化会館(マリナート)が完成の様子。  で、物見高く行ってまいりました。(ほぼ満席状態、同類のおじさん・おばさんが一杯でした・・・失礼(^_^'・,)  ぎりぎりの時間についたので、前の方の席は×・・・トホホ  まあ、会場の響を味わうのも悪くは無いと割り切って・・21列最左翼(まあ、後ろ壁に近い)    入場すると、会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季のコンサート 2012 春

 堀米ゆず子(vn)とロジャー・チェイス(vla)のデュオ    ・・ヘンデルの主題によるパッサカリア ハルヴォルセン  デュオ   ヴァイオリンとヴィオラが名人芸を発揮とある。そのとおり・・・あっと言う間にフィナーレ。  ・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト短調 BWV.1001 堀米   無伴奏vn曲集のなかでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季のコンサート

 昨年知ったのだった。1984年から行われていて。過去には内田光子等そうそうたるメンバーが来静していたのだ。  コンサート情報にうとい私はしらなかった。  昨年は、菊池響のピアノなどを聴いたが今年もすばらしい演奏が聴けそう。  で平成24年は、  春:堀米ゆず子とロジャー・チョイスのデュオ  夏:平野花子のハープ  秋:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡の名手たち (第16回)

 毎年、待ち遠しいコンサート!  今回もすばらしいものだった。(文化先進県になるために知事さんあたりにも聴きに来てほしいものだ)  ・一番手はパーカッション独奏で、「サイド・バイ・サイド」という曲。(北瓜道夫作曲)   演奏者は”入川奨”   ボンゴ2、コンガ2、トムトム(中太鼓)2とバス(キック)ドラム。を一人で操るも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI 静岡の名手たち

 2~3年前から、楽しみにしている新人コンサート。  近年の音楽の盛んさからかすばらしい演奏が続出である。  今宵もその通りであった。  ・リスト 3つの演奏会用練習曲 第2番「軽やかさ」  ・リスト ハンガリー狂詩曲 第8番  ・グリンカ(バラキエフ編) ひばり   小学生の柏原亜耶・・まだ舞台慣れしていないようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AOI 無料コンサート

 会員は無料とのこと、寒風のなか行ってくる。  バイオリンは漆原啓子、クラリネットは横川青児(N響)と一流。  伴奏ピアニストがこれからの人達とのこと。  が、聴き終わって・・私などにはとても講評できないレヴェルであった。  楽器の音響指向性、楽器間のバランス等を考えて、前半は左バルコニー、後半は反対側に移動した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀米ゆず子 児玉桃 AOI

 ワールドクラスの奏者のデュオと思うが、満席にはトテモトテ・・・・客はなかなか集まらない。  課題ではある。  前半はモーツァルト  ・ヴァイオリン・ソナタ 第40番 変ロ長調 K.454  ・ヴァイオリン・ソナタ 第42番 イ長調  K.526  中期のソナタのようにお馴染みではないが、ヴァイオリンとピアノ(ベーゼン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more